施工事例

外壁塗装・外壁 リフォームのポイントは?

住まいの顔とも言える大事な外壁は、外観を美しく見せる一方で、風雨や太陽光線、気温の変化などにもさらされ、汚れや劣化が進みやすい環境にあります。何の手入れもせずに、傷みやひび割れを放置しておくと、ひび割れが悪化したり、表面をこすった時に白い粉が出たり(チョーキング)、さらには水が浸み込んで内部が腐食、なんてことにもなりかねません。逆に、定期的なメンテナンスを行っていれば、数十年単位で使うこともできます。

 

【外壁塗装の役割】

住宅の外壁に使われている素材は、モルタル(砂とセメントと水を混ぜたもの)や、サイディングと呼ばれる、ボード状の外壁材が一般的です(他にもALC、トタン、タイル、板張りなどがあります)。外壁の下地は、塗装による皮膜で守られていますが、年月とともにこの塗装は劣化し、はがれたり、ひび割れたりします。皮膜が破れると下地にまで影響が及び、柱や土台といった住居の構造部分まで劣化させてしまうこともあります。 外壁塗装の工事には、もちろん住宅をきれいに見せる効果があります。しかしそれだけではなく、外壁の塗装膜の性能を維持し、家の構造と寿命を長持ちさせること、ひいては資産価値を高めることも目的になるのです。

 

外壁の色選びで気をつけることは?

京都へ行ったことがなくても、色違いのコンビニを知っている方は多いでしょう。通常の看板が使えないのは、京都の美しい街並みを守るために制定された厳しい景観条例によって使用できる色が制限されているからです。
お住まいの地域によって、住宅の外壁に使用できる色も制限されている場合があります。業者に依頼する場合は確認してもらえることが多いので、きいてみましょう。
とくに制限のない地域では好きな色を選んで問題ありませんが、奇抜な色で景観を壊しては近隣住民とのトラブルに発展してしまうことも。外壁は一度塗ると10年~15年と長く付き合うものです。自分の理想のイメージをリフォーム会社の担当者に伝えながら慎重に選びましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?一言で外壁塗装・外壁リフォームといっても奥が深いものです。もし塗装やリフォームのことでお悩みの場合は弊社までお気軽にご相談くださいませ。