施工事例

リノベーションで大切なこと

株式会社ウオズミ代表の魚住です。今回のお客様はリノベーションをご検討している方でした。お客様に詳しくお話を伺うと住宅街部は玄関扉など玄関回りを中心にリノベーションしていくとのことです。詳細が確認できたところで、お客様とのスケジュール調整を行いリノベーションに取り掛かりました。リノベーションを行った部分は以下になります。

【リノベーションで担当した工事】

・外壁の塗り替え

・屋根の葺き替え

・防水対策

 

まず外壁の塗り替えですが、新しいスタイルは『モダン』です。以前の写真は残念ながら残っていませんが、雰囲気を一新してかっこいい雰囲気に仕上がりました。続いて屋根の葺き替えですが、瓦ではありませんが傷んでいる部分もあり葺き替えています。これで、屋根からの雨漏りを心配することはなくなりました。そして、最後に防水対策ですが、外壁はサーディングボードを使用しているためつなぎ目の防水シールを打ち換えて壁から水がしみ込まないように対策をしています。内装も大きく様変わりしており、まるで新築を立てたようなたたずまいとなりました。

 

【リフォームとリノベーションの違い】

『リノベーション』とは、既存の建物に対して新たな機能や価値を付け加える改装工事を意味します。たとえば、間仕切りを広くする、キッチンをより現代的で機能性の高いものに変更する、といった事案です。これに対し、ボロボロになった部分を修復する、老朽化したスペースを新しく改装する、といったケースを『リフォーム』と言います。リフォームはマイナスの部分を修復してプラスに戻すという意味合いです。

<リノベーションのメリットとデメリット>

『リノベーション』のメリットは、なんといっても自分好みの設計に合わせた住居空間を作れることです。中古物件をリノベーションするケースでは、新築よりもかなりの低コストで済むことがほとんどのため、コスト面でのメリットも大きくなります。逆にデメリットは、中古物件の工事では、築年数によっては耐震工事が必要になることが多いという点です。耐震工事が加わると、費用が上がり、引き渡しまでの期間が長くなることもあります。

リノベーションは長年住んできた建物を修繕して新築のように仕上げることも可能ですが、全体の雰囲気を変えて新たな気持ちで住むことも可能です。リフォームにかける想いはお客様次第です。長く住める家を求めるなら定期的な修繕やリフォームなどを通してしっかりとメンテナンスすることをお勧めします。リフォームやリノベーションのことでお困りごとがございましたらお気軽にお申し付けください。

 

 

熊本のお客様に合わせた塗装・防水工事をご提案|株式会社ウオズミ
https://uozumi.jp/