施工事例

塗装工事と防水工事 ~一般住宅編~

株式会社ウオズミ代表の魚住です。今回の物件は外壁に爆裂が数多く見られた一般住宅です。ご連絡をいただいた時には漏水を起こしていたため塗装と防水工事どちらも施工し改善を図ることになりました。

 

まず、どの部分がどのようになっているのかを知るために建物の現状確認をしていきます。隈なく建物を確認していくと屋上のシート防水の劣化や外壁にクラックが見つかりました。おそらく漏水の原因はこれらが原因であると考えられ、修復ができないほどのものではありませんでしたので塗装と防水工事を施工することで合意。これらを修復して漏水が直ればミッションクリアです。

では、まず新しいシート防水を施工するために、屋上の劣化したシート防水をすべて撤去していきます。それらがすべて撤去出来ましたらウレタン防水を丁寧に施工していきます。ちなみに、施工が雑だと新たに施工しても漏水の原因となりますので注意が必要です。次に外壁ですが、クラックを修復するために浮いたモルタル部分をすべて撤去していきます。続いて撤去中に中から出てきた錆びた鉄筋はそのままにしていると新たな錆の原因となりますので、錆を落とし、錆止め塗料を塗布します。それから、モルタルの埋め戻しをして、外壁の柄合わせと下地処理が完了したら塗装の下塗りです。

 

ここでポイントですが、下地処理を怠ると、耐久性は想定していた耐用年数より遥かに劣ってしまいます。塗装工事業者を選ぶうえで一番大切な部分であることをしっかりと認識しておきましょう。

 

最後に上塗りをシリコン樹脂系塗料で2回塗りして完成です。元々クラックだらけだった建物は綺麗に仕上がり、まるで新築のような出来栄えです。建物は工事が終わったらあとは住むだけと考えている方も多いかと思いますが、実は次の修復時期を考えてプラン立てしていく必要があります。

「壊れてからでもいい」「汚くなってからでもいい」と何か不具合が起きてから施工業者に依頼をすることも可能ですが、余計な出費を招く原因にもなりかねません。住宅も定期的なメンテナンスを行い、必要最小限の出費で長く住める家づくりを目指しましょう。

 

今回は一般住宅の施工について書いていきましたが、当社は一般住宅だけでなくアパートやマンション、工場などあらゆる建物に対応しております。塗装や防水に関するご相談は株式会社ウオズミにお任せください。

 

 

 

熊本のお客様に合わせた塗装・防水工事をご提案|株式会社ウオズミ
https://uozumi.jp/