施工事例

外壁塗装にクラックはつきもの

株式会社ウオズミ代表の魚住です。今回の物件は一般住宅の外装補修と塗装を担当させていただきました。長年メンテナンスをしていなかったこともあり、あらゆる個所に不具合が出てきていました。今回、私が現場確認をする際に外壁はもちろんですが、それ以外にも注意して確認した点は以下になります。

 

【修復が必要と判断した点】

・誘発目地にほぼすべてにクラックが入っている?

・構造部分の木材が腐食して(白アリは)いないか?

幸いなことに白アリや腐食はありませんでしたので修復の必要はありませんでしたのでひと安心でした。

 

外壁の爆裂部分は浮いたモルタル部分を完全に撤去し埋め戻したら完成です。またクラック部分はシーリング処理を行い、雨漏り対策を施していきます。その後は、微弾性フィラーで下塗りを行い、最後にシリコン樹脂系塗料を2色に塗り分けて、更に2回塗りをすると完了です。今回のお客様はクラック部分が多かったこともあり、雨漏り対策を重点的に行いました。雨風にさらされても耐えられる家づくりをすることで、よりコストパフォーマンスに優れた家へと進化していきます。

ちなみにクラックはいつの間にはできていることが多いため気づきにくいものでもあります。そして、クラックには種類があり、業者に修理を依頼する場合や自力で修復するときの参考として覚えておくとよいでしょう。

 

【クラックの種類】

<ヘアークラック>

幅0.3mm以下の、髪の毛の太さほどの細いクラックです。この程度のクラックは、モルタル下地までひび割れておらず、塗膜のみが割れている状態が多いといえます。塗装で簡単に補修出来ます。

<構造クラック>

幅0.3mm以上、深さ5mm程度のクラックは構造クラックの可能性が高いといえます。別名貫通クラックとも呼ばれている、基礎補修が必要なひび割れです。原因は様々で、建築施工時の欠陥、設計時のミス、外的要因として地震、地盤沈下、乾燥や経年劣化でも起こります。いずれにしても、建物が動くことでクラックが発生していますので、シーリング材の充填での補修が必要です。

<乾燥クラック>

外壁塗装をした直後から時間が経過し、塗膜の水分が飛んで、ひび割れを起こしている状態です。クラック幅が狭く、外壁が汚れていると発見できないほどの小さなひび割れです。

<縁切れクラック>

外壁一面を塗装した後、作業を一時中断するなどして、時間が経過した後、再度塗装を開始したりした場合に、前の塗膜と、後の塗膜の継ぎ目にひび割れが起こっている状態です。

 

これらのなかで重症といえるものは『構造クラック』です。万が一、「怪しいかな?」と思ったら専門業者に相談することをお勧めします。今の家に愛着があり、一生涯かけて住んでいきたいと考えているなら、定期的なメンテナンスは行っていくようにしたいものです。そして、業者選びは難しいものがありますが、いろんなホームページを見て自分が納得できる業者を見つけることで、その業者が家の専門医として長くお付き合いしてくれることでしょう。株式会社ウオズミでもお客様からのご相談を随時承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

熊本のお客様に合わせた塗装・防水工事をご提案|株式会社ウオズミ
https://uozumi.jp/