施工事例

住宅の塗装工事は必要?

住宅の塗装工事について重要だと感じている人は少ないのではないでしょうか。目に見えてダメージがあるわけではないため、どうしても室内の補修や修理を優先してしまいがちです。しかし、塗装工事は長く家に住むことを考えると大切な工事と言えます。

 

<塗装工事が大切な理由は日光や雨風の影響がある>
塗装工事の目的は、日光や雨風の影響が関係しており、それらは住宅の天敵でもあります。。誰しも日光や雨風の影響は防ぐことが出来ませんよね。
日光や雨風は住宅に使われている木材や鉄筋などを劣化させるため、長期的に住宅を使用していると当然、防水機能は劣化していきます。そのため、塗装工事で防水機能を向上させることが私たちの仕事でもあります。日本では年間で平均80日は雨が降るため塗装工事は必須と言ってもよいでしょう。

 

<塗装工事をする目安は10年>
塗装工事は基本的に目に見える部分が多い工事です。そのため、劣化が進まなければ「まだ塗装工事はしなくても良い」と感じている方も多いと思います。しかし、劣化していないようで防水機能は落ちてきているため、塗装工事は10年ほどを目安に考えておくことが大切です。そのままにして水漏れや建物自体を痛めてしまうということが発生してしまうこともありますので、トラブルが起きて工事費用が高くなる前に対応することをお勧めします。

 

<まとめ>
今回は住宅の塗装工事の必要性と目安について解説しました。住宅は自分が住むものとして塗装工事の必要性は理解しておきましょう。

 

 

株式会社ウオズミ|安心・丁寧を信念に、優しい街の塗装屋さん
https://uozumi.jp/